私が気に入っているスキンケア化粧品

私は、高校生の時から、スキンケアだけはしていました。今まで美肌になる方法を探し求めて、いろんなスキンケア化粧品を使いましたよ。順番に書いていきますね。

まず最初は、高校生の時、母が使っていた資生堂の安い化粧水と乳液を使っていました。私は、どちらかというと肌が弱いのですが、このシリーズ、安いけど肌が全然荒れませんでしたよ。でも、そのシリーズに何だか物足りなさを感じて・・。自分で収入を得てないのに、なんだか贅沢な話ですが。

そして、私は大学生になりました。周りは、お金持ちのお嬢さんばかりでした。私もみんなに合わせていました。この頃は美白が流行っていたので、美白になる方法を探し求めて、みんな、クリニークのスキンケア化粧品を使っていました。私もみんなのマネして使いました。クリニークには、大学時代の4年間、ハマっていましたよ。クリニークのスキンケア化粧品も良かったですよ。

そして私は社会人になりました。独身時は、資生堂のスキンケア化粧品を使っていました。でも、高校生のときのような安いシリーズではなく、デパートのカウンターで買うような高いシリーズを使っていました。資生堂も良かったですよ。

そして私は結婚しました。お金をきりつめようと思っていた矢先、友達が「DHCは安くて質も良いよ」と教えてくれました。さっそく買ってみたら、確かに安くて質が良いんです。なのでいまは、すっかりDHCばかり使っていますよ。

納得の保湿力:オルビスのアクアフォースエキストラ

今、オルビスの新ライン「アクアフォースエキストラ」を使っています。これまでもオルビス商品の保湿力の高さには驚かされてきたのですが、このアクアフォースエキストラは、今までのオルビス商品をさらに超える保湿力!この保湿パワーは、高級化粧品にも負けていませんね!手ごろな価格帯をキープしながら、こんな優秀な商品を提供してくれるオルビスさんには、本当に感謝しています。

さて、このアクアフォースエキストラの特徴は、先述の通り保湿効果がとにかく高いこと。オルビスのアイテムは、どれも保湿力の高さに定評がありますが、これは一段とスゴイですね。高保水性トレハロースと結合型ヒアルロン酸が(時間差で力を発揮し)肌の潤いを逃さないため“しっとり”感が長く続くうえ、浸透して肌の中に水分を蓄えてくれるから、ふっくら毛穴レスな肌が目指せる…と、嬉しいことばかり。

使用感は、とてもリッチ!他シリーズの“しっとりタイプ”よりも、さらにトロミのある質感が特徴的です。その分、クリアシリーズや通常のアクアフォースシリーズ等と比べると、肌に浸透するまでに時間がかかるような気も……。とはいえ、トロミがあっても伸びが良く、重いつけ心地にならないところは「さすがオルビス!」といった感じです。アクアフォースエキストラは、(水分で満たし)内側から肌を持ち上げることで、ハリを与え・毛穴・肌の黒ずみを目立たなくしてくれる優秀アイテムです。また、冷暖房による肌の乾燥の強い味方!夕方になると肌が乾燥してパリパリしがちだったのですが、おかげさまで今では、夕方になっても乾燥知らず。気になる小鼻まわりの毛穴も目立たなくなってきました。

基本を見直して、ニキビを治す

僕の悩みは、顔面いっぱいに広がるぼこぼことしたニキビです。高校生のことからだんだん増えてきて、最悪のときは痛痒いニキビが首のあたりまで出てきました。こんなんじゃ女の子にはおろか、友達にも顔を見せることはできません。だから必死になってニキビを治す方法を調べました。

睡眠時間を長くしたり、野菜中心の生活にしてみたり、洗顔を頑張ってみたりしまいた。でも、どれもたいした効果はありませんでした。知識ばっかり増えて、結果が出ないんです。そこで、僕は今一度基本に戻ってみようと考えました。今流行のニキビのビタミン薬を試してみるのではなく、洗顔をしっかりとして、保湿をすることです。

洗顔も泡を多くするのではなく、きめ細かい泡で毛穴の奥を洗浄することに気を付けました。そのため、泡で出てくる洗顔フォームを買って、指先だけの力で洗ったんです。洗顔の後は低刺激の大人ニキビ化粧水をコットンに含んで顔に染み込ませました。手のひらでするよりも、より清潔に保湿できると考えたからです。

基本中の基本のことばかりですが、これを続けた結果、今はニキビ知らずの肌になることができました。流行りの治療薬もいいと思いますが、基本のスキンケアを大事にすることで、健康な肌が手に入るんだなあと実感します。